佐賀錦を織る。

佐賀錦を織って、その織地を使って日常で使うものをつくっています。

竹 何回目かの3回目    

アクセス有難うございます。

 

太い竹を半分にして、他の竹も短くしました。

帯を織るとして、縮まることを考えても  

35cm あれば十分と思いますので

35cm + 握り拳( 7.5 ) X 2 で50cm   で考えています。   

 

これから 作ろうとしているのは、写真の打ち込みヘラの左にプラス5cmから

8cm にして作ろうかとしているわけです。 

 

f:id:banbanbanchan:20190303215629j:plain

 

節から節まで 50cm だとすると、両側にプラス5cm で60 cmに

することで作る予定です。

両側に プラス5cm にしたのは節から節まで 50cm あるので

それ程長くする必要もないと思うから。

それより、50cm あれば左の5cm も必要がないかもしれないとも思います。

 

このヘラの実績は、このヘラを使って帯を織った真坂さんが

日本伝統工芸会に3 年で 2回入選されてます。

 

  晩飯にトンカツを作りました。

低温で揚げました。

イベリコ豚です。

1 回目  

 

f:id:banbanbanchan:20190303224135j:plain

 

2回目  

 

f:id:banbanbanchan:20190303224254j:plain

 

次回はもっと肉を厚くして作りたいと思います。

 

では、では

アクセス有難うございました。