佐賀錦を織る。

佐賀錦を織って、その織地を使って日常で使うものをつくっています。

織り台と教室  

アクセス有り難うございます。

 

時間がないので後で書き足します。

 

織り台の補修とセット  

残った紙を綺麗に取ります。 

< 穴を開ける場所がもっと外の方が良かったね。>

 

f:id:banbanbanchan:20180602233930j:plain

 

すまん、写真が逆で  

お湯を浸した布で和紙が残った部分に巻きつけます。   

 

f:id:banbanbanchan:20180602233912j:plain

 

ここには大和ノリで和紙を貼り付けてます。

 

f:id:banbanbanchan:20180602234257j:plain

 

 

f:id:banbanbanchan:20180602234000j:plain

 

 

f:id:banbanbanchan:20180602234022j:plain

 

< 日本 伝統工芸会 正会員の先生が佐賀錦を教えに、佐賀に年に数回

お見えになってます。

何かと 縁がありますので、此処で紹介いたします。

 

何度か書いてますが 佐賀錦の本場は東京です。

技術、知識、本場の佐賀錦を教えてもらえます。

もっと もっと上をめざす方にお勧めです。

 

連絡方法を思案中です。 >

 

<  < コメント欄を認証するまで非表示にしました。

教わりたいと思いの方は、このブログのコメント欄に必要事項を

書き込み下さい。 メールアドレスに返信いたします。

 

不適切なコメントや様子見等のコメントはご遠慮下さい。

このブログは有料で運営してます。  

 不適切コメント等の発信者のアドレスが判明する機能があります。> > 

 

 

 

アクセス有り難うございました。