佐賀錦を織る。

佐賀錦を織って、その織地を使って日常で使うものをつくっています。

織り台   

アクセス有り難うございます。

 

明日から天気が崩れるので、織り台の修理を始めました。

佐賀で使っている織り台は何故こんな台にするのか、

私には、訳がわかりませんが 

もらった台があるので、  

私が使ってる織り台に近いように作ろうと思います。

 

織り台と巻き込む棒の留め具に隙間があるので

隙間を無くす事と、経て紙の張り具合をスームーズにするために

硬い板を貼り付けます。

 

 

f:id:banbanbanchan:20180512233907j:plain

 

この隙間があると経て紙を巻き込んだ時に

左右に動くので、この隙間がないようにします。

始めに回転を固定するために開けた穴を埋めます。

再度穴を開けますので、空洞はない方がいいので。

 

f:id:banbanbanchan:20180512234240j:plain

 

 

穴のひとつひとつに竹で穴を埋めます。

 

f:id:banbanbanchan:20180512234308j:plain

 

 

f:id:banbanbanchan:20180512234430j:plain

 

穴は小さく、そして多くの穴を作ります。

その方が経て紙の微調整ができますので。

 

何故このような織り台を使うのか、

 

後日、織り台のことも書き込みします。

 

アクセス有り難うございました。