佐賀錦を織る。

佐賀錦を織って、その織地を使って日常で使うものをつくっています。

帯の織り地

アクセス有り難うございます。

 

進まないし、織り間違えるわで

殆ど織り進んでいません。

載せる写真もないので、昔の織地を載せます。

 

f:id:banbanbanchan:20180510222531j:plain

 

銀の40割   

もう40年も前のもの  

時々 眺めます。

織るとこんなにも違うものかと。

 

佐賀錦振興協議会から名刺いれが発売される予定ですね。  

唐木さんのものと似てると思いますが、

興味があるのは値段。

昨日、ネットで本金を使ったアクセサリーの値段が

10万何千円ってのを見ましたが。

私の値段付けに参考にさせてもらいたいですね。

ネットに写真を上げるのにはチョットの覚悟がいりますよ。

織った人の腕が試される訳ですからね。

裏でコソコソやるのとは訳が違いますから。

 

良いな と思うのか、こんなものか、と思うのか。

とに角、どんな名刺入れができるか たのしみ。

 

私だったら、もうひとつアイデアをプラスしますが。

 

本日もアクセス有り難うございました。