佐賀錦を織る。

佐賀錦を織って、その織地を使って日常で使うものをつくっています。

墨液  

アクセス有り難うございます。

 

 

今度は失敗しないように最初に墨液で髪を描きます。

墨液が滲んだので、600番の紙やすりで

顔の部分を再度磨きました。

その後、カシュウで髪を重ねて描きます。

 

 

f:id:banbanbanchan:20170925171307j:plain

 

 

似た髪型が失敗しないので、最初は10個。

違う髪型で10個 と作って行きます。

100円の大筆では髪の線は太すぎですかね。

じっと見て、顔が大きすぎるかな。

 

昼間は暑いので扇風機を使いました。

夜は布団を用いるようになりました。

 

無理をせず、焦らず進めます。

 

アクセス有り難うございました。