佐賀錦を織る。

佐賀錦を織って、その織地を使って日常で使うものをつくっています。

織り台 7

アクセスありがとうございます。

 

写真いっぱいです。

 

補修

 

f:id:banbanbanchan:20180529214329j:plain

 

f:id:banbanbanchan:20180529214351j:plain

 

 

写真のように高くした所にぶつかってしまうので、貼り付けた板をカット。

 

f:id:banbanbanchan:20180529214419j:plain

 

40年前の越前屋で買った織り台

ピンで本体に刺して回転を止めるため

穴の位置は少し違っていても、問題なしだったのでしょうね。

 

反対側は段差なしで   

 

f:id:banbanbanchan:20180529214508j:plain

 

 

織り台の話  

この織り台の設計者は佐賀の人ではなかったのですね。

この台の寸法を決めた人から連絡がありましてね。

この織り台以前の佐賀の台はもっと低かったらしいです。

話を聞いて笑ってしまいました。

本当に佐賀の人は織り台の使い方が判っていないのですね。

 

f:id:banbanbanchan:20180529214537j:plain

 

端が綺麗にできるにも理由があります。

端が汚いのも理由があります。

織りが綺麗にできるにも理由があります。

織りが汚いのも理由があります。

 

縮みの話です。

縮むと経て紙が痛んで、見栄えが悪くなります。

巻き込みが左右どちらかに寄ると、織りの縮みも左右どちらかが縮みます。

また、真っ直ぐに織れません。

織る時に癖があると、左右どちらかが縮みます。

アヤの種類でも偏って縮みがでます。

糸の引き加減でも縮みます。

他にもありますが、何故 縮むのかを知らないと  

 

長くなりましたので、このへんで   

 

アクセス有り難うございました。