佐賀錦を織る。

佐賀錦を織って、その織地を使って日常で使うものをつくっています。

10日  経て紙  

アクセス有り難うございます。

 

経て紙の話、

 

経て紙も和紙自体の縦横と切り口がピッタリ合うことは

なかなかありません。

ピッタリ合うこと自体が珍しい。

 

f:id:banbanbanchan:20170809015927j:plain

 

 

だから、紙縒りを使います。

 

ネットの画像で見ますが、なぜ縮んでいるのに最後まで

綾を織るんだろー とね。

縮んだら経て紙を拾っていくのが大変なことくらい分かってるのに。

慣れるために違う綾を5cm間隔で織るなら

5cm 織って、紙縒りを入れ経て紙を広げて織り

5cm 織ったら又、紙縒りを入れて広げて織る。

佐賀の人は何故教えないんだろー。

以前 、言ったから教えてるかな。

 

 

f:id:banbanbanchan:20170809021743j:plain

 

今度は やばね綾を織りますが

1枚分の長さを織るのは、保管も大変なので半分を織ります。

半分の目印を付け

真ん中に違う色糸を入れ、前後に1cm 織ります。

違うな、真ん中の1cm 手前から織り始め

真ん中に濃い色の糸を入れ

あと1cm 織る。

濃い糸のところで経て紙を切る。

 

経て紙を広げて貼る。

 

f:id:banbanbanchan:20170809014226j:plain

 

 

眠くなってきたので、

 

アクセス有り難うございました。